社会人から看護師へ転職したい

看護師になるには

社会人から看護師になるにはどんな方法があるのでしょうか?
看護師になるには社会人は看護学校に行き3年以上の教育課程を履修する必要があります。
ひとの命を預かる看護師になるには、独学ではなれないようになっています。

 

しかも、これはあくまで国家試験の受験資格を得るだけです。
学校を卒業すれば、だれでも看護師になれるわけではありません。

 

看護師の国家試験の合格率は約90%です。
ほどんどのひとが合格する数字だとわかるでしょう。
この合格率だけで、看護師を目指そうとするひともいるかもしれませんが、現実はそんなに甘くはありません。この数字は看護学校で毎日きちんと勉強したひとが受験するから、このような高い合格率になるのです。

 

看護師の国家試験は約10科目。

これは看護学校の授業範囲がほぼ全てと思っていいでしょう。
しかも、国家試験の対策以外にも授業の課題やレポートのほかに病院実習などもありとてもハードになります。

 

看護師になるには、難しい国家試験に合格する必要があります。
ひとそれぞれでしょうけど、国家試験がはじまる一年前から試験対策をしているひとが多いようです。
しかし、この時期は病院実習などもはじまる忙しい時期なので、学生の皆さんはとても大変なようです。

 

学校によっては、国家試験対策のカリキュラムがあるところもあります。
これは通常の授業とは別の補習扱いなので、単位などには影響はないです。
みなさんもオープンキャンパスなどで聞いてみるといいでしょう。
学校により、試験対策に差があるようです。

 

3年間きちんと勉強すれば合格するのは難しくはないでしょう。
逆に考えれば、学校で真面目に勉強しなかったひとを看護師にしないようにするためと考えてもいいのです。
看護師は人の命を扱う責任の重い仕事です。

 

看護師を目指している人は、3年間まじめにこつこつを授業に取り組み、試験に合格するようにする必要があるようです。真面目にこつこつ勉強する。
あたりまえですが、この姿勢を3年間保つことが、看護師になるための一番の近道かもしれません。